優しくするってどういうことなんだろう

投稿者: | 2021年5月29日

前々職のお話

この会社が超絶ブラックだったのと、社長とその取り巻きがドヤ顔みたいな会社でアレだったし
SESな業態だったけど、お客さん先に常駐してたらあとはほったらかし。
数ヶ月に1度ぐらいに現地(本社から100キロぐらい離れているところ)に営業担当が来て、ただ飲みに行って終わり。
年に数回本社に帰ってこいみたいなことで行けば、社長におべっか使ったり、社長の息子さんの生演奏やクソくだらないゲームする忘年会だったり、なんでかよくわからないけど運動会したり、などなどなど、まぁホントブラックだった。
しかもさ、顧客からの単価バチクソ上がってるのに、給与は全然上がらないし、むしろ客先から家を手配されてて家賃タダなだけむしろ他の人より相対的に給料もらってるんだぞみたいなよくわかんない理由つけられて全然上がらないので、転職をすることになった。

前職の話

転職先として決めた会社は、まず会社の代表が低姿勢だったのと、若い会社だったのもあって、何も染まってなくて色々いい感じに変えれるかなって思って決めた。給与も倍になったしね。
なお、相変わらずSESでやってたけど、ぶっちゃけ自分で仕事作れてたし、それこそやめる時も、改めて転職先の会社で契約して仕事を続けてほしいって言われて、そのまま持っていったんよ。
なので、前職の会社からしてみれば、採用コストだけで、即収益化可能な人材が手に入ったことになる。
その後も、基本的に顧客との交渉は全部オレがして、営業には結果だけ伝える。営業コストなんてほとんどかかってない。しかも単価も九州にしては結構高めだったのでかなりの収益はあったんだと思う。
あと、その会社は当初こそSESだったけど、今後は自社開発をして、いろんなサービスを作っていきたいっていう話があって、新しい事業を作るべく、色々みんなで考えたりとかそんなことをやってたりもした。
ただ、色々案出しして、企画書とかきちんと書いたり、収益モデルとかもきちんと出して提案したんだけどさ、どうもノリが悪いのよ。最初こそは「おーーー!いいじゃないっすか!」みたいな反応するんだけど、段々トーンダウンというかそんな感じになってねぇ。
数年してCTOになってほしいって言われて色々動いている中で色々内情がわかって
「いやこれ、自社開発とかそんなの無理じゃん」
って思ったのと、色々社員の評価とか改善を訴えていたけど、疎まれるようになったりした結果、もうやめようって思ったわけです。

会社を立ち上げた理由

前職をやめようと決めて、転職を考えてたんだけど、今のうちの会社の役員2名もまた辞めようって話してて、いっそのこと起業しちゃおうかみたいな話になった。確か2017年の1月ぐらいだったかなー。

「自分たちがやりたいことをする」
「エンジニアが楽しく仕事ができるようにする」
「健全な資金の流れを作る」

他にも色々あったけど、そういうことをするためには、自分たちで作り上げていったほうがいいって思って、思い切って会社を立ち上げたんです。
役員だけだと流石に厳しいので、知り合いのエンジニア何名かにも声をかけて会社を立ち上げたわけですね。

いろいろあって今思うこと

会社を立ち上げて、規則をきちんと整備したり、昇給制度もちゃんと作ったり色々頑張ってきたのと、このコロナ禍であっても休業することなく必死に頑張りながら、社員にはコロナ禍明けて色々仕事が出てくる可能性を必死に伝えて、今のレガシーな技術を捨てて、新しい技術をキャッチアップするように指示したり、実際に作ってみてくれって伝えたりもした。
全ては社員を守り、今後の新しい業務にもシームレスに行けるようにって思ってやったわけだが・・・
指示を元に、きちんと自分ならではの役割を見出し、頑張って、時には相談してくれたメンバーは、すんなりコロナ禍明けの案件に携わっているのだが、そうでないメンバーもやっぱりいて、言われたことだけをただこなすだけだったので、ぶっちゃけ振れる業務がまったくない状態だった。

優しくするってどういうことなんだろう

自分の独りよがりな考え方を押し付けているって言われれば、まぁそれだけなんだけどさ。
それこそ、そう言ってほしかったってのもある。
なので、この辺攻めるのは筋違いなところではあるんだけども。
優しくするってのは本当に難しい。人によって捉え方は様々だし、価値観も色々あると思う。
だから、何もしないっていうのは筋違いだし、現に自分がこれまで行ってきた活動によって助かっている人たちもいたりする。
そのへんの見極めをどこで決めるか、そのへんのところがわかるようになればいいのになぁと思う次第です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください